無駄に離婚を推す女

どうも、ミミィです☺

さて、タイトルにもありますが、あなたの周りにはいませんか?
やたら離婚を推すおせっかいな人・・。

何を隠そう私がそうです。どうぞよろしく。

私はある時気が付きました。

友人や同僚の夫婦間トラブルの相談を受けている時、
本人ではなく私の気持ちだけ先走って離婚のプレゼンをしようとしている自分に。
(でも誰でも彼で推すわけでないですよ。ひどいなぁ!!!って思ったケースで発作が起こるんですyo。)

なんせ私は、離婚した日をカレンダーに「離婚記念日」と入れているほど離婚して良かったと思っている人間です。

ほらね。

だって、その人といることで
自分らしくいられないなら、
心から笑えないなら、
心をすり減らしてしまうなら、
人生一度しかないのに、時間がもったいない。
そして何よりママが笑っていないのは、子どもがかわいそうだ。

っていう私の言い分なんですけど。

うん、書いてて思います。

自分は自分、人は人。ほっといて。ですよね。はい。

しかしこんな”離婚推し女”だった私に、あることがきっかけで変化が訪れました。

私が”離婚推し女”を辞めたきっかけ

ある時、同僚(女性)から突然「旦那が浮気している」と連絡が入ったのです。

その同僚を仮に「Aちゃん」とします。

状況は以下のとおり。

・Aちゃんは旦那さんと女性とのラインのやりとりを見た
・その相手の女性はなんとAちゃんの友人
・Aちゃんの友人(=浮気相手)は結婚しており1歳の子どもがいる(要はW不倫)
・Aちゃんにも1歳くらいの子どもがいる


などなど、なかなかの昼ドラ的な内容。

っていうかあれ?今昼ドラってある?そもそも昼ドラで伝わる?あれ?あ・・まいっか。(テキトー)

Aちゃんはしっかり証拠を残すため、旦那さんのLINEのやり取りをデータ化し自分のスマホに全て保管していました。
(行動力すごくない?!)

抜き出したラインのやり取りには、

男「今駐車場着いたよ♡」

女「待たせてごめんね!今子どもが寝たから、入ってきていいよ♡」

みたいな。

生々しいやり取りと、部屋で撮ったであろうツーショット写真も。

その後空白の1時間があり、やり取り再開。

女「会いに来てくれてすごく嬉しかった!早くまた会いたい♡」

男「俺も早く会いたい!!」

空白の1時間ってのが妙に生々しい。。

ここまで読んでくださっているそこのあなた!

あれ?「子ども寝た」ってことは夜なの?
浮気相手の旦那は??と思いましたか?

浮気相手の旦那は夜勤が多く、2人の逢瀬は主に浮気相手の旦那の夜勤中のことだったようです。
これを読んでくださっている夜勤勤務の多い既婚者の方、無駄に不安にさせたら申し訳ない。。。

LINEはこんなやりとりでウジャウジャしており、かなり前から続いている関係の様子。

旦那さんがAちゃんに「残業だ」と言っていた日が、すべて浮気相手と会っていた日と分かり、小さい子どものお世話をワンオペで頑張っていたAちゃんはますます怒り心頭。

2人に地獄に堕ちてほしい

Aちゃんは私にそう訴えてきました。

そりゃそうでしょうね!と思った私は彼女にこう言ったのです。

とりあえず、言い逃れできないようにもう少し証拠固めして、慰謝料取るなら、相談をしかるべきところにしよう。
もし良ければ知り合いの弁護士さん紹介するから。旦那さんにはできるだけ悟られないように動こう。

専門家でもないのに、わたくしいい感じにシャシャってますね。
状況も状況なので、つい私の中で勝手に「離婚フラグ」が立ってしまったのです。

だって私だったら、耐えられないから。
私だったら、やり直せる気がしないから。
浮気自体許しがたいのに、よりによって自分の友だちと浮気なんて。

私は激しくAちゃんに同情したのです。

「弁護士を紹介して欲しい」と言うAちゃん。
私は双方をつなげました。

いよいよ本格的に離婚に向け進むのだ。子連れ離婚はなかなか手続きが多く大変なのだ。
なるべくスムーズにことが運ぶようにサポートしたい。と過去の自分の記憶を遡っていたところ、Aちゃんから連絡が。

「話合って仲直りしたから、もう大丈夫。テヘペロっ」
  ※注”テヘペロ” は言っていません。

お・・・お~ん・・・

Aちゃんに詳しく聞きましたら、曇りなき澄んだ眼で

・旦那さんは、Aちゃんが子ども中心になってしまったので寂しくなってしまった
・けれど浮気相手とは体の関係はない
・浮気相手への気持ちもない。風俗代わりにしようと魔が差した
・Aちゃんへの気持ちに変わりはない

と2人の中で収まりとてもスッキリしたとのこと。

少なくとも「体の関係はない」は無理があるだろう。

私が、旦那さんの言い分を疑わしく思わないのか、これから気持ちを立て直せるのか、と彼女に聞くと、

「うん、私、あんまりそういうの、気にならない人なんだよね。テヘペロっ」
 ※注:”テヘペロ” は言っていません。

お・・・お~ん・・・

そう、「人は人、自分は自分」。
人それぞれ、夫婦それぞれの考え方や関係があるのだから、他人が人様の家庭にどうこう口をはさむべきじゃないよね。

遅ればせながらこの時そう悟りました。

大事なことを気づかせてくれたAちゃん、本当にありがとう。
そして思う。君たちなら、この先何があっても大丈夫!!!

テヘペロっ。

foot-pochipp

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

    • 二太郎さん、コメントありがとうございます♡ 
      ファンになってくださったなんて嬉しすぎます!
      これからも楽しんでいただけるように頑張ります^^

目次